PCとオンラインゲームに振り回される日々

Windows10 1709 Fall Creators Update ― サービスを1つ止めただけで、スタートボタンが無反応

最終更新日

スタートボタンとタスクバーの一部が反応しない。

症状

無反応になったタクスバーのアイコン
  1. スタートボタンが反応しない。スタートメニューを表示できない。
  2. タスクバーの検索アイコンが無反応
  3. Microsoft Edgeアイコン(タスクバーにピン止め)が無反応
  4. IE11アイコン(タスクバーにピン止め)をクリックすると起動に10秒以上かかる。
  5. タスクバー右端の「日付と時刻」が無反応
  6. タスクバー右端のアクションセンター(通知)アイコンが無反応
  7. シャットダウン・再起動に時間がかかる。

再起動しようとしたら下の画面が表示されました。「強制的に再起動」を選択しなければ進めません。

「Task Host Window タスクホストでバックグラウンドを停止しています。(\Microsoft\Windows\Plug and Play\Device Install Reboot Required)」

「1つのアプリを閉じて、再起動します」の画面。「強制的に再起動」で続行、「キャンセル」で再起動中止。

イベントビューアのエラーログ

ShellExperienceHost.exeがハングしていました。ShellExperienceHost.exeはスタートメニューやタスクバーの動作に係わっています。

(イベントビューアのログより抜粋)

ログの名前: Application
ソース: Application Hang
イベント ID: 1002
タスクのカテゴリ: (101)
レベル: エラー
キーワード: クラシック
説明: プログラム ShellExperienceHost.exe バージョン 10.0.16299.15 は Windows との対話を停止し、終了しました。問題に関する詳細な情報があるかどうかを確認するには、セキュリティとメンテナンス コントロール パネルで、問題の履歴を参照してください。
アプリケーション パス: C:\Windows\SystemApps\ShellExperienceHost_cw5n1h2txyewy\ShellExperienceHost.exe
障害が発生しているパッケージのフル ネーム: Microsoft.Windows.ShellExperienceHost_10.0.16299.15_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy
障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID: App
ログの名前: Application
ソース: Microsoft-Windows-Immersive-Shell
イベント ID: 2484
タスクのカテゴリ: (2400)
レベル: エラー
キーワード: (64),Process Lifetime Manager
説明: パッケージ Microsoft.Windows.ShellExperienceHost_10.0.16299.15_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy+App は、中断するのに時間がかかりすぎたため、停止されました。

ドライバインストールが進まない。実は途中でループしていた。

新しいドライバのインストールが始まらない。

先月、Windows10 PCにRealtekサウンドドライバをインストールしようとしたら、現在のドライバのアンインストールを繰り返すばかりでした。

(現在のドライバを)アンインストールしています。→PC再起動→アンインストールしています。→PC再起動……(あれ、何回目?)

PC環境とドライババージョン

  • OS: Windows 10 1703 Home 64bit
  • マザーボード: ASUS Z170 Pro Gaming
  • サウンドカード: オンボードサウンド
  • サウンドドライバ: Realtek HD Audio Driver R2.81 (Realtek公式HPからダウンロード)

アンインストールしたドライバが何度でも蘇る。

旧サウンドドライバは、Windows Update経由でインストールされたRealtekドライバです。そこに、Realtek公式HPから入手したドライバをインストールしようとしています。

  1. Realtekサウンドドライバのセットアップを開始。
  2. 旧サウンドドライバをアンインストールしてから、PC再起動。
  3. PC起動直後、旧サウンドドライバがWindows Updateで自動インストールされる。
  4. 自動的にRealtekサウンドドライバセットアップ画面が起動する。

以下、2~4の繰り返し。

隣のPCで作業をしながら、PC再起動のボタンが表示される度にクリック。何度目かの再起動後、ようやくおかしいことに気付いて、セットアップをキャンセルしました。

下のSSがWindows Updateの更新履歴。「Realtek Semiconductor Corp.」とあるのは、汎用ドライバです。再インストール6回。もっと早く気づけ……。

Windows Updateの更新履歴 ドライバー更新プログラム欄

2017年9月 Windows Updateの不具合

Windows10 1703 Microsoft Edgeが少し不安定。

KB4038788 (Windows10 1703用、2017/09/13リリース)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4038788/windows-10-update-kb4038788

この更新プログラムを適用後、初めてMicrosoft Edgeを起動したときに応答しないことや動作が遅いことがあります。再起動すれば改善されますが、繰り返される可能性があります。

私のPCでもMicrosoft Edgeを起動したときに、Edgeが応答しなくなりました。Edgeを再起動したら直りましたが、時々Edgeの起動直後に数秒の間ビジーになることがあります。

この問題に対する修正パッチKB4040724(2017/09/25)が公開されています。Windows UpdateやMicrosoft Update Catalog等からダウンロード・インストールしておきましょう。インストール後、PCを再起動する必要があります。

KB4040724の詳細
https://support.microsoft.com/en-us/help/4040724/windows-10-update-kb4040724

NVIDIAグラフィックドライバに複数の脆弱性 2017年9月

Windows用はv385.69で修正済み

NVIDIA GPUディスプレイドライバに複数の脆弱性があり、サービス拒否や権限昇格が発生する可能性があります。最新バージョンで修正されました。

NVIDIAの公式発表
http://nvidia.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/4544

この脆弱性の影響を受けるNVIDIA製品

  • GeForce
  • NVS
  • Quadro
  • Tesla

修正済みドライババージョン

  • Windows用ドライバ v385.69
  • Linux用ドライバ v384.90

※ Teslaドライバは、2017年9月最終週に公開予定。(Linux用TeslaドライバのR375 Branch向けの修正済みバージョンだけは公開済みで、v375.88です)

サポートが終了した古い製品については、今回発表の脆弱性に対する修正ドライバは出ていません。

NVIDIA ドライバダウンロード
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

過去の脆弱性についてのNVIDIA公式発表 一覧
http://www.nvidia.com/object/product-security.html

ここから下は、Geforce用ドライバ v385.69について。

2017年8月 KB4034658【続報】修正パッチ配布開始

最終更新日

2017年7~8月のWindows Updateで発生した不具合の修正

修正プログラムKB4039396(Windows 10 1607用)が公開されました。

Windows Updateから適用できます。Microsoft Update Catalogでも配布されています。

KB4039396を適用することで、KB4034658(2017/08/09 日本時間)、KB4025334(2017/07/19 日本時間)等のインストール後に発生していた問題が解決されます。

参照
https://support.microsoft.com/en-us/help/4039396/windows-10-update-kb4039396

KB4039396で解決される問題 その1

  • 更新履歴が消去される
  • 非表示にしたはずの更新プログラムのリストがリセットされる
  • 修正前の更新プログラムをインストールした後の初回のWSUS利用時に、CPUやメモリの使用率が上昇する
  • WSUSで0x8024401c エラーが発生する

ただし、すでに消えた分の更新履歴と非表示更新更新プログラムリストは復元されません。

KB4039396インストール後の更新履歴

KB4039396で解決される問題 その2

この問題は、2017年9月に再発してしまいました。
Win トラブルシューティング 修正したはずの問題が直っていない。

発表にはありませんが、トラブルシューティングで検出された問題が修正できない件(↓の枠内)も解決されました。

2017/08/09のKB4034658適用後、コントロールパネルのトラブルシューティング→「Windows Updateで問題を解決する」を実行すると、次の3つの問題が検出され、何度修復しても再検出されました。

  • サービスの登録が見つからないか破損しています
  • Windows Update データベースにエラーが発生した可能性があります
  • Windows Update コンポーネントを修復する必要があります

KB4039396適用直後も問題が検出されていました。1回修復したら、その後は検出されなくなりました。

トラブルシューティング 問題修復済み