Windows10をダウングレードしたら、画面が真っ暗に。

Windows上からのダウングレードで、グラボのドライバに異常。

「設定」画面から、Win10→Win8.1へダウングレードしたら、画面が真っ黒になることがありました。4,5回のうち2回。
(Win8.1の時のバックアップをリストアした場合は、トラブルなし)

Windows10から、前のバージョンまたはビルドにダウングレードする方法

  • Windows上で、「設定」 → 更新とセキュリティ → 回復 の所から、前のWindowsバージョンに戻す。
  • 前バージョン(ビルド)のバックアップから復元
  • 前バージョン(ビルド)を再インストール

[症状]

  • Windows起動中はWindowsロゴが表示されている。
  • その後にデスクトップ画面が表示されるはずが、画面が真っ暗。
  • Ctrl + Alt + Delte を同時に押すと、ロック・サインアウト・タスクマネージャ等の選択画面が表示される。

ダウングレード後に、グラフィックカード(古いRadeon)のドライバに問題が発生した模様。
(Vista用の古いドライバを互換モードでインストールしてあります。アップグレードした時は、再インストールが必要になった代物です)

これは、セーフモードで起動し、グラボのドライバを再適用することで直りました。

セーフモードでグラフィックカードドライバを再適用。

  1. Windowsを再起動。(セーフモードで起動*1 させること)
  2. デバイスマネージャー(devmgmt.msc)を起動。
  3. ディスプレイアダプターの所でグラフィックカードを選択し、右クリック → ドライバーソフトウェアの更新
  4. 「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」
  5. 参照ボタンからグラボのドライバが入ったフォルダー*2 を指定し、「サブフォルダーも検索する」にチェックを入れる。
  6. 「次へ」

*1
セーフモードで起動する方法

Windows8以降の場合

  1. キーボードのCtrl + Alt + Delteを同時に押す。
  2. 電源ボタンアイコンをクリック → Shiftを押しながら「再起動」をクリック
  3. オプションの選択画面が表示されたら、トラブルシューティング → 詳細オプション → スタートアップ設定 → 再起動
  4. PCが再起動したら、「セーフモードを有効にする」を選択

Windows7の場合

  1. キーボードのCtrl + Alt + Delteを同時に押す。
  2. 電源ボタンアイコンをクリック → 「再起動」をクリック
  3. PCが再起動後すぐ(POST画面の後、Windowsが起動を開始する前)、F8キーを押す。(しっかりと数回押してみる)
  4. 詳細ブートオプションが表示されたら、キーポードのキーで「セーフモード」を選択 → Enterキー

*2
古いRadeon(X1800シリーズ)のドライバだったので、C:\ATI(AMD)フォルダーを指定しました。(以前、Radeonドライバソフトをインストールした時に展開されたもの)

どうしても適用可能なドライバが見つからない場合、ドライバのインストーラで再インストールしなければならないかもしれません。(基本的に、アンインストールしてからインストールします)

もし旧バージョン使用時のバックアップがあるなら、それでOSまるごと復元した方が楽だと思います。

セーフモードではグラボのドライバを再インストールできない場合

ドライバソフトのインストーラによっては、セーフモードではアンインストール・インストールができないことがあります。

そんな時は、セーフモードで汎用ドライバを適用*3 してから、普通に(セーフモードではなく)Windowsを起動し、デスクトップ画面が表示されるか試してみるといいでしょう。
アイコン等が大きく表示されるかもしれませんが、とりあえずデスクトップが表示できていれば、ドライバの再インストール作業等が可能になります。

*3
汎用グラフィックドライバを適用する方法

  1. デバイスマネージャー(devmgmt.msc)を起動。
  2. ディスプレイアダプターの所でグラフィックカードを選択し、右クリック→ドライバーソフトウェアの更新
  3. 「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」
  4. 「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」
  5. 「Microsoft基本ディプレイアダプター」を選択
  6. 「次へ」
関連記事