Windows10の自動メンテナンス

Win10の自動メンテナンスについて

アイドル時や設定時刻に自動的にメンテナンスが行われます。自動メンテナンスが実行されると、バックグラウンドでいろんな保守タスクが実行されます。

コントロールパネル → セキュリティとメンテナンス → メンテナンス → メンテナンス設定の変更から、毎日の定時メンテナンスの時刻と、それによるスリープ解除の許可/不許可の変更ができます。

コントロールパネルからメンテナンス設定の変更

Win10で無くなった? メンテナンスタスク

Win8・Win8.1の場合、タスクスケジューラの \Microsoft\Windows\TaskScheduler に4種類の自動メンテナンスタスクがあります。(Idle Maintenance、Maintenance Configurator、Manual Maintenance、Regular Maintenance)
タスクごとに無効/有効を切り替えることができます。

(過去記事 Windows8の自動メンテナンスタスク)

ところが、Win10のタスクスケジューラにはそれらが見当たりません。(自動メンテナンス自体は行われています)

Win10(Home Build 10586)のレジストリには一応記述がありますが……。

レジストリ上のメンテナンスタスク

試しに「Index」のデータを3に変更してみても、C:\Windows\System32\Tasks\Microsoft\Windows\TaskSchedulerフォルダーには該当するタスクのファイルがないため、利用できませんでした。

ちなみに、次のフォルダー内も探しましたが、ありませんでした。

  • C:\Windows\SysWOW64\Tasks\Microsoft\Windows\TaskScheduler
  • C:\Windows\Tasks

自動メンテナンスを無効にする方法

アイドル時のメンテナンスだけは無効にしたいのですが、残念ながら、今のところ方法が見つかりません。(Win10 Home Build 10586にて。Anniversaryについては不明)

単純に自動メンテナンス全体を無効にすることは可能です。

  1. regedit.exeを起動。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Schedule\Maintenance を選択
    右ペインで、右クリック(またはメニューの編集)→新規→DWORD値

    名前: MaintenanceDisabled
    データ: 1

    • 1 = 自動メンテナンス無効
    • 0 = 自動メンテナンス有効
  3. サインアウトしてからサインイン、またはPCを再起動する。

有効に戻す場合は、MaintenanceDisabledのデータを0にするか、 MaintenanceDisabledを削除します。

[参照]
http://winaero.com/blog/how-to-disable-automatic-maintenance-in-windows-10

当然のことですが、無効にした場合は、コントロールパネル → セキュリティとメンテナンス → メンテナンス → 「メンテナンスの開始」をクリックしても、メンテナンスは開始されません。

私は妥協して有効のまま。定時メンテナンスはPCを使用しない時刻に設定、スリープの解除は不許可にしています。メンテナンスをしたい時に 「メンテナンスの開始」から実行。

ぼーっと画面を眺めている時にアイドル状態になってメンテナンスが始まってしまうことはありますが、その都度マウスを動かしてメンテナンスを中止させています。

関連記事