一部の海外アプリの表示が欠けてしまう現象と解消方法

アプリの表示が途切れている。

海外アプリの中には、下のSSのように日本語環境ではちゃんと表示されないものがあります。

日本語環境ではちゃんと表示されない

前回・前々回の記事で扱った、AFUWINやMMToolで発生した現象です。ソフトやバージョンによって、正常に表示されるものもあれば、一部が欠けた状態で表示されるものがありました。

これは他のアプリでも起こり得ます。

アプリの画面サイズは固定されているのに対して、文字等はWindowsシステム言語環境の設定(フォント・字間・行間等?)を使う仕様のようです。
日本語等の環境では、文字・空白の部分が広がってしまうため、固定サイズのウインドウからはみ出してしまうわけです。

解決方法は、OSのシステム言語を英語に切り替えることです。(日本語のような2バイト文字を使っている言語以外ならおそらく大丈夫だと思いますが、英語が無難かと)

下は効果がありませんでした。

  • システムフォント(日本語)の変更
  • システムフォントサイズの変更
  • ウインドウサイズの強制リサイズ

Windowsでの言語の追加と切り替え方法

※ Windows8.1とWindows10 Build 10240、10586にて確認。

[注意]
インターネット接続が必要です。
言語追加前と追加後に言語を切り替える前の計2回、システムの復元ポイントを作成してください。

以下、英語(米国)を追加して使用する場合です。

  1. コントールパネル→言語の追加→英語→英語(米国)
  2. 追加されたEnglish(United States)の行のオプション→追加インストール

    言語パックのダウンロードとインストール
  3. 英語(米国)を既定(一番上、第一言語)にする。

    オプションから第一言語に設定 リストの一番上に持ってくることで、第一言語に設定
  4. English(United States)の行のオプション→上書きの変更→Windowsの表示言語の上書き→言語リストを使用します(推奨)」を選択

    Windowsの表示言語の上書き
  5. タクスバー右端のJアイコンをクリック→日本語からENGに変更。

    JアイコンからENGに変更 タスクバー右端の表示がJからENGに変わった
  6. Windowsをサインアウト→サインイン

Windows10では、「設定」からも同様に言語の追加、切り替えができます。

言語追加・切り替えによるデメリット

  • Windows Updateの修正パッチを追加適用する必要がある。(言語を追加したままにする場合)
  • OSの総容量が幾分増える。
  • [Windows10のみ] 日本語⇔他言語切り替え時に、スタート画面のタイルの並び順が大きく崩れる。

ゲーム中、気づかないうちに言語切り替えのショートカットを押してしまい、日本語入力ができなくなって慌てたことがありました。(入力方式が英語でのデフォルト設定に切り替わっていたため)

それ以来、他言語環境は使うときだけ追加インストール。Windows Updateで修正パッチを当てたりせず、用が済んだら、システムの復元で言語の追加インストール前の状態に戻すようにしています。

関連記事