DOS起動ディスクの作成方法 ― USBメモリ編

USBメモリをDOS起動ディスクにする。

FDの時は容量の問題でMS-DOS一択でしたが、USBメモリではだいたいFreeDOSにしています。あえてMS-DOSを使うこともありますが。

うまく起動できない時は、設定を変えて作り直します。

USBメモリ用のDOS起動ディスク作成ソフトはいろいろありますが、私が使っているのは3つ。いずれもインストール不要。Win10で動作確認済です。

  1. Rufus
    いつも使うのはこちら。
  2. James' Format Tool
    MS-DOSで作成したい時のみ使用。
  3. RMPrepUSB Portable版
    いろんな設定で試したい時に。

[注意]

  • DOSプログラムを入れて使うなら、ファイルシステムはFATかFAT32にします。(ただし、FAT32では動かないこともあります)
  • FAT・FAT32における、ファイルサイズ・領域サイズの制限に注意。

    参考: ファイルシステム(NTFS、exFAT、FAT32、FAT16)の違いについて - Buffalo
    http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/1079

  • 大容量USBメモリでは使えないことがあります。
  • FDからブートする場合はAドライブ(またはB)と認識されるのに対し、USBメモリからブートする場合はCドライブ(環境によってはD以降)になります。

Rufus

Rufus
http://rufus.akeo.ie

ポータブル版(p付き)も非ポータブル版(pなし)もインストール不要で、ファイルサイズも同じです。違うのは設定の保存場所です。いずれも、初回起動時に作成されます。

Rufusの設定保存場所

  • ポータブル版

    rufus-(バージョン番号)p.exeと同じフォルダー内のrufus.iniファイル

  • 非ポータブル版

    レジストリキー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Akeo Consulting\Rufus

Rufus ― FreeDOS起動ディスク作成時の設定

Rufus ― FreeDOS起動ディスク作成時の設定

FreeDOS、MS-DOS、その他の起動ディスクを作ることができます。

ただし、MS-DOSはWindows10では選択できません。RufusはWindowsのMS-DOS起動ディスク作成機能を使っていますが、Win10にはその機能が無くなってしまったためです。
次章の「USBDCR.exe」か「James' Format Tool.exe」なら、Win10でもMS-DOSで作成可能です。

「フォーマット設定」右の▽ボタンをクリックすると、「高度な設定」が追加で表示されたり、プルダウンメニューからFreeDOS等以外にSyslinux、ReactOS、Grub、Grub4DOS、UEFI:NTFSの選択が可能になります。

OSバージョンによって、表示される項目・表示されない項目があります。

ブート時のキーボードレイアウトについて

  • FreeDOS: キーボードレイアウトを日本語または英語で選択できます。デフォルトの1が日本語で、2が英語。
  • MS-DOS: 選択肢はなく、英語キーボードレイアウトでした。下のようにカスタマイズすれば、日本語キーボードレイアウトも選択可能です。

    USBメモリ内に作成されるAUTOEXEC.BAT(隠しファイル)を編集します。

    1. 1行削除 → echo Using US-English keyboard with US-English codepage [437]
      (残しておいても支障はありませんが、不要です)
    2. 一番下に1行追加 → LOCALE\keyb jp,932,LOCALE\keyboard.sys

James' Format Tool

DOS-on-USB (James' Format Tool.exe)
http://www.jamesonline.ca/support/dos-on-usb-support

ページ一番下のFile Cabinetのリンクから、DOS-on-USB_2.zipをダウンロード

James' Format Tool ― MS-DOS起動ディスク作成時の設定

James' Format Tool ― MS-DOS起動ディスク作成時の設定

  • 使用可能なUSBメモリは16MB~2GB。2GB超は不可。
  • 対応OSはWindows98~XP。VistaとWin7は互換性なしとありますが、未確認。Win10では動作しています。
  • 管理者権限で起動する必要があります。

"Format Device"のチェックボックスは、Quick Formatのことのようです。ここにチェックを入れない場合はフルフォーマットされるため、時間がかかります。

"Create a DOS startup disk"にチェック、"Using DOS system files located at:"の横の「...」ボタンをクリックして、DOS-on-USB\bootフォルダーを指定してから作成します。

ブート時は、英語キーボードレイアウトとして認識されます。日本語キーボードレイアウトにしたい場合は、カスタマイズする必要があります。
日本語キーボードに合わせる方法 参照
なお、KEYB.COM、KEYBORAD.SYSが必要となりますがこのソフトには付属していません。別途入手できない場合は、FreeDOSのものを流用するといいでしょう。
DOS-on-USB\bootフォルダーには、いろいろとファイルが入っていますが、USBメモリに入るのはCOMMAND.COM、IO.SYS、MSDOS.SYSの3ファイルだけです。他のファイルで使いたいものがあれば、自分で追加しましょう。

FreeDOS起動ディスクを作成する機能もあります。ただし、James' Format ToolにはFreeDOSファイルが付属していないため、自分で用意する必要があります。

FreeDOSのファイル(少なくともCOMMAND.COMとKERNEL.SYSが必要)が入ったフォルダーを指定してから作成すれば、COMMAND.COMとKERNEL.SYSだけが入ったFreeDOS起動ディスクを作成できます。
FreeDOSの最小構成のため、ブート時にEnter new date、Enter New timeと聞かれますが、変更の必要がなければ何も入力せずにEnterキーを押して構いません。

もちろん、これにいくつかファイルを追加すれば使い勝手はよくなりますが、それなら前章のRufusで作成する方が簡単だと思います。

James' Format Toolと同様の機能をもつ、Bootable USB Drive Creator Tool v1.0というソフトもあります。

.rar形式で配布されているため、解凍ソフトが必要です。

MS-DOSとFreeDOSのファイルが付属しており、ファイル内容はどちらも最小構成です。MS-DOSは、COMMAND.COM、IO.SYS、MSDOS.SYSの3ファイルのみ。FreeDOSは、COMMAND.COMとKERNEL.SYSの2ファイルのみ。

RMPrepUSB Portable版

RMPrepUSB
http://www.rmprepusb.com/documents/release-2-0

「RMPrepUSB_Portable_v2.1.732.zip」のすぐ下の「download」からダウンロード。
実行するファイルは、RMPREPUSB.exeです。RMPARTUSB.exeではありません。

RMPrepUSB Portable版 ― FreeDOS起動ディスク作成時の設定

RMPrepUSB Portable版 ― FreeDOS起動ディスク作成時の設定

他のソフトで作成した起動ディスクではうまくいかない時だけ、使っています

James' Format Toolと同様に、ブート時は英語キーボードレイアウトとして認識されます。日本語キーボードレイアウトで使いたければ、ファイルの追加とカスタマイズが必要です。

多機能。ただし、選択肢が多い分、どう設定したらいいのか迷うかもしれません。
項目をマウスでポイントすれば、説明が表示されます。また、RMPartUSB.txtの"INSTRUCTIONS"以下に、少しだけ使用例が書かれています。(英語)

設定・起動ディスク作成時にいろいろメッセージが英語で表示されます。USBメモリの内容が消去されますがよろしいですか?という警告の他、選択が求められることがあり、内容を理解する必要があります。

QEMUによる起動テスト機能や、USBメモリのMBR(LBA 0)の消去機能 = Cleanボタンもあります。

QEMU利用後、タスクバーにJアイコンが追加される現象について。

QEMUでDOS起動ディスクのエミュレートした後、タクスバー右端にJアイコンが表示されるようになりました。(日本語版 Windows8.1・Windows10の場合)

タスクバーにJアイコンが出現

クリックすると、日本語 Microsoft IMEと英語(米国)USキーボードが選択可能になっています。実際に切り替えることができます。(英語キーボードに切り替えると、Jアイコン→ENGに変化)
これは本来、Windowsの「言語」に英語(米国)を追加インストールした場合に表示されるものです。

USキーボードが追加されている

直し方

Windowsの言語にいったん米語を追加後、即削除します。(Win8.1とWin10で確認)
もちろんシステムの復元でもok。

Windows8.1の場合

コントロールパネルで作業します。

  1. Jアイコン→言語設定、またはコントロールパネル→言語
  2. 言語の追加 → English/英語 → English(United States)/英語(米国)を選択 → 追加
  3. 言語: English(United States)を選択 → 削除

Windows10の場合

「設定」で作業します。(上のようにコントロールパネルからでも可能)

  1. Jアイコン→言語設定、または「設定」→時刻と言語→地域と言語
  2. 言語: 言語を追加する → English/英語 → English(United States)/英語(米国)
  3. 言語: English(United States)を選択 → 削除
関連記事