Cyberfox XMLパースエラーと言語パックのトラブル

最終更新

この記事は、バージョン51.0.1までのCyberfox向けです。

Cyberfox v51.0.2で言語パックの適用方法が変わりました。
Cyberfox 51.0.2で言語パック内蔵化をご覧ください。

Cyberfox更新で言語パックがおかしくなった。

Cyberfoxをv50.1.0 → v50.1.1にアップデートした際、言語パック関連で困ったことになりました。

  • 「ソフトウェアの更新を確認」から自動アップデートした場合*

    → アドオンの「Language Manager」で日本語パックを更新、あるいは旧バージョンの日本語パックを削除してから最新版をインストールしようとすると、ダウンロード途中で進まなくなる。
    (Language Managerを再インストールしても再現される)

  • Cyberfox公式サイトからインストーラを入手し、手動で上書きインストールした場合

    → アドオン(アドオンマネージャ)を開くと、「XML パースエラー: 定義されていない実態が使用されています。…」と表示され、アドオンの設定ができない。

    Cyberfox XMLパースエラー画面

PC環境

  • Windows 10 64bit / Cyberfox Intel Version x64 / デスクトップ(自作)
  • Windows 10 64bit / Cyberfox Intel Version x64 / ノート
  • Windows 8.1 32bit / Cyberfox Intel Version x86 / デスクトップ

[気付いたこと]
Cyberfoxの更新時、言語パックの旧バージョンをインストール(適用する)かキャンセルするかを選ぶ画面が出てくるのが普通です。いつもキャンセルを選択して、後でLanguage Managerアドオンから言語パックを更新していました。
しかし、v50.1.1ではその選択画面が表示されませんでした。

XMLパースエラーについて調べたら、(原因や症状は違っていても)Firefox系ブラウザでは割と古くからあるエラーのようです。

今回は、言語パック(これも一応アドオン)の問題だったので、手動で日本語パックを削除・インストールしたら直りました。

解決方法 ― アドオンを使わずに、自力で言語パック適用

2017年1月時点の直し方を書いておきます。(日本語パックを適用の場合)

    • Cyberfoxを起動できる場合

      1. アドレス入力欄にabout:configと入力→Enter
        (警告画面が出たら、「最新の注意を払って使用する」ボタンをクリック)
      2. 検索ボックスに、general.useragent.localeと入力。
        general.useragent.localeが見つかったら、ダブルクリック→値をjaに変更

        about:config画面 general.useragent.locale

      3. 検索ボックスに、intl.accept_languagesと入力。
        intl.accept_languagesが検出されたら、ダブルクリック→値をja,en-us,enに変更。

        about:config画面 intl.accept_languages

      4. Cyberfoxを終了。
    • Cyberfoxを起動できない場合

      1. Cyberfoxを起動していたら終了させておく。
      2. C:\Users\%username%\AppData\Roaming\8pecxstudios\Cyberfox\Profiles\(英数字).default\prefs.jsをメモ帳で開く。
      3. user_pref("general.useragent.locale",の記述がある行を探し、次のように変更。
        user_pref("general.useragent.locale", "ja");
      4. user_pref("intl.accept_languages",の記述がある行を探し、次のように変更。
        user_pref("intl.accept_languages", "ja,en-us,en");

        prefs.jsファイルの中身

      5. prefs.jsを上書き保存
  1. C:\Users\%username%\AppData\Roaming\8pecxstudios\Cyberfox\Profiles\xxx.default\extensionsフォルダー内のlangpack-ja@8pecxstudios.com.xpiを削除。

    Cyberfox_XMLerr_sol2_del_LngPckXPI.png

  2. Cyberfox公式サイト(https://cyberfox.8pecxstudios.com)へ行き、ダウンロードページにアクセス。

    Cyberfoxトップページからダウンロードページへ

  3. ダウンロードページのDOWNLOADボタン下のLanguagesリンクをクリック

    Languagesリンク

  4. 下のようにバージョンと言語を選択してから、Installボタンをクリック。

    • Select Version: Curent Version
    • Select Language: ja(Japanese)

    バージョンと言語の選択画面

  5. ブラウザ左上、アドレスバーの下にメッセージボックスが表示され、ダウンロードが開始される。ダウンロードが終わったら、またinstallボタンをクリック。
    インストールが終わり、installed successfullyと表示されるまで待つ。

    ブラウザ左上に表示されるインストールボタン

  6. ブラウザを再起動。
関連記事