2017年8月 KB4034658【続報】修正パッチ配布開始

最終更新日

2017年7~8月のWindows Updateで発生した不具合の修正

修正プログラムKB4039396(Windows 10 1607用)が公開されました。

Windows Updateから適用できます。Microsoft Update Catalogでも配布されています。

KB4039396を適用することで、KB4034658(2017/08/09 日本時間)、KB4025334(2017/07/19 日本時間)等のインストール後に発生していた問題が解決されます。

参照
https://support.microsoft.com/en-us/help/4039396/windows-10-update-kb4039396

KB4039396で解決される問題 その1

  • 更新履歴が消去される
  • 非表示にしたはずの更新プログラムのリストがリセットされる
  • 修正前の更新プログラムをインストールした後の初回のWSUS利用時に、CPUやメモリの使用率が上昇する
  • WSUSで0x8024401c エラーが発生する

ただし、すでに消えた分の更新履歴と非表示更新更新プログラムリストは復元されません。

KB4039396インストール後の更新履歴

KB4039396で解決される問題 その2

この問題は、2017年9月に再発してしまいました。
Win トラブルシューティング 修正したはずの問題が直っていない。

発表にはありませんが、トラブルシューティングで検出された問題が修正できない件(↓の枠内)も解決されました。

2017/08/09のKB4034658適用後、コントロールパネルのトラブルシューティング→「Windows Updateで問題を解決する」を実行すると、次の3つの問題が検出され、何度修復しても再検出されました。

  • サービスの登録が見つからないか破損しています
  • Windows Update データベースにエラーが発生した可能性があります
  • Windows Update コンポーネントを修復する必要があります

KB4039396適用直後も問題が検出されていました。1回修復したら、その後は検出されなくなりました。

トラブルシューティング 問題修復済み

関連記事