Windows10 1709 Fall Creators Update ― サービスを1つ止めただけで、スタートボタンが無反応

最終更新日

スタートボタンとタスクバーの一部が反応しない。

症状

無反応になったタクスバーのアイコン
  1. スタートボタンが反応しない。スタートメニューを表示できない。
  2. タスクバーの検索アイコンが無反応
  3. Microsoft Edgeアイコン(タスクバーにピン止め)が無反応
  4. IE11アイコン(タスクバーにピン止め)をクリックすると起動に10秒以上かかる。
  5. タスクバー右端の「日付と時刻」が無反応
  6. タスクバー右端のアクションセンター(通知)アイコンが無反応
  7. シャットダウン・再起動に時間がかかる。

再起動しようとしたら下の画面が表示されました。「強制的に再起動」を選択しなければ進めません。

「Task Host Window タスクホストでバックグラウンドを停止しています。(\Microsoft\Windows\Plug and Play\Device Install Reboot Required)」

「1つのアプリを閉じて、再起動します」の画面。「強制的に再起動」で続行、「キャンセル」で再起動中止。

イベントビューアのエラーログ

ShellExperienceHost.exeがハングしていました。ShellExperienceHost.exeはスタートメニューやタスクバーの動作に係わっています。

(イベントビューアのログより抜粋)

ログの名前: Application
ソース: Application Hang
イベント ID: 1002
タスクのカテゴリ: (101)
レベル: エラー
キーワード: クラシック
説明: プログラム ShellExperienceHost.exe バージョン 10.0.16299.15 は Windows との対話を停止し、終了しました。問題に関する詳細な情報があるかどうかを確認するには、セキュリティとメンテナンス コントロール パネルで、問題の履歴を参照してください。
アプリケーション パス: C:\Windows\SystemApps\ShellExperienceHost_cw5n1h2txyewy\ShellExperienceHost.exe
障害が発生しているパッケージのフル ネーム: Microsoft.Windows.ShellExperienceHost_10.0.16299.15_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy
障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID: App
ログの名前: Application
ソース: Microsoft-Windows-Immersive-Shell
イベント ID: 2484
タスクのカテゴリ: (2400)
レベル: エラー
キーワード: (64),Process Lifetime Manager
説明: パッケージ Microsoft.Windows.ShellExperienceHost_10.0.16299.15_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy+App は、中断するのに時間がかかりすぎたため、停止されました。

原因は「Windowsプッシュ通知システムサービス」を無効にしたこと

Windowsプッシュ通知システムサービス

Services.msc Windowsプッシュ通知システムサービス

これ、自分には必要ないと思って無効にしていました。Win10 1703 Creators Updateまでは無効にしても問題はありませんでしたが、Win10 1709 Fall Creators Updateで無効にしたら、PC再起動後(またはサインアウト後)に問題発生。(他の設定との兼ね合いもあるかもしれません)

Windowsプッシュ通知システムサービス(WpnService)をデフォルトの自動に戻して再起動またはサインアウトしたところ、直りました。

[2017/11/15修正]
自動に戻す時は、再起動が必要です。サインアウトではだめでした。

Services.msc Windowsプッシュ通知システムサービスのプロパティ

システムの復元で、動作が正常だった時に戻してもokです。

タスクマネージャーから「Windowsプッシュ通知システムサービス」の設定をデフォルトに戻す。

(以下は、システムの復元を利用しない場合)

サービス(Services.msc)を表示したくても、いろいろと動かない状態だったため、タスクマネージャーからコマンドで操作しました。

  1. Ctrl+Shift+ESCで、タスクマネージャーを表示
  2. ファイル→新しいタスクの実行(N)

    タクスマネージャー 新しいタスクの実行ウインドウ
  3. sc config WpnService start=auto
  4. 「このタスクに管理者特権を付与して作成します。」にチェック

    新しいタスクの作成ウインドウ sc config WpnService start=autoと入力、管理者特権にチェック
  5. OK
  6. ファイル→新しいタスクの実行(N)
  7. shutdown /r /t 0
    (0秒後にPC再起動)

    新しいタスクの作成ウインドウ shutdown /r /t 0と入力
  8. OK

※ sc config WpnService start=autoは、「Windowsプッシュ通知システムサービス」(WpnService)のスタートアップの種類を自動に変更するコマンドです。

関連記事