Windows XPでWindows Updateが進まない

2013年11月と12月に、XPマシンでWindows Updateをしようとしたら、「最新の更新プログラムを確認しています…」のまま、数十分経っても終わりませんでした。

どうやら「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム」で引っかかっているようです。

解決方法

1. Windows Update画面を閉じる。

重くて閉じられないこともあるかもしれません。Windows UpdateでCPU使用率が100%になる場合、自動Updateが有効の場合は、停止すればCPU負荷が下がります。

自動Update(Automatic Updates)サービスを停止する方法。(コマンド)

  1. スタートボタン
  2. →ファイル名を指定して実行
  3. →cmdと入力し、okをクリック。→コマンドプロンプト画面が現れる。
  4. net stop wuauservと入力し、Enterキーを押す

net start wauaservコマンドを実行するか、PCを再起動すれば、自動Updateサービスは再開されます。

2. 先に「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム」だけをインストール

スタンドアローンインストーラをダウンロード、インストールします。

自分のPCのOSとIEのバージョンにあったものを選んでください。古いものは新しいものに置き換えられるため、最新のものだけインストールすればいいです。

  • 2013年12月 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2898785)
    https://technet.microsoft.com/library/security/ms13-097
  • 2014年1月 (なし)
  • 2014年2月 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2909921)
    https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-010
  • 2014年3月 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2925418)
    https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-012
  • 2014年4月 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2950467)
    https://technet.microsoft.com/library/security/ms14-018

3. PCを再起動してから、Windows Updateで残りのパッチを適用

不具合が直っていなければ、来月(2014年1月)以降のWindows Updateでも、同様の方法でやらないといけないかもしれません。

追記
Microsoft社によるWindows XPへのサポートは、2014/04/09に終了しました。

また、以上の方法でもWindows Updateが終わらない場合、原因は他に(も)あるということでしょう。一部のセキュリティソフトのアップデート・スキャン中はCPU使用率が高くなっていることがあります。落ち着いてから、Windows Updateするといいでしょう。

参考

【続報】 Windows XPやWindows Server 2003環境において、Windows Update実行時にSvchost.exeのCPU使用率が100%となる、時間を大幅に要する
https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2014/01/20/windows-xp-windows-server-2003-windows-update-svchost-exe-cp/

関連記事