Google Chrome v69 アドレスバーにwwwを表示させる方法

最終更新日

更新履歴
2018/09/12 Google Chrome v69.0.3497.92 リリースに伴い、一部変更と追記

Chrome v69.0.3497.81で、URLのwwwが表示されなくなった。

Google Chromeをv69.0.3497.81にアップデート後、アドレスバーに違和感が。とあるサイトを開いたら、そのブックマークのURLにはwwwがあるのに、アドレスバーのURLにはwwwがありません。

Google Chrome v69.0.3497.81のアドレスバー(Omnibox)は、wwwが省かれて表示されています。v69.0.3497.81の仕様です。

Google Chrome v69.0.3497.81 Omnibox デフォルトのURL表示

上のSSの場合、www.google.co.jpとgoogle.co.jpのどちらなのか分かりません。実際はwww.google.co.jpにアクセスしています。

アクセスしているページのフルURLを知る方法
(Google Chrome v69.0.3497.81)

  • Omnibox内を2度クリックする。
  • アドレスをコピーして、どこかに貼り付ける。

設定(chrome://settings)からは、v68.xのようなURL表示に戻すことはできませんでした。

次章の方法でカスタマイズすれば、常にフルURlを表示させることができます。ただし、wwwだけではなく、URLスキーム(http://・https:// 等)も表示されます。

表示がこのように変わります。

Google Chrome v69.0.3497.81 Omnibox フルURL表示

[追記]

Chrome v69.0.3497.92で、アドレスバー(Omnibox)の表示形式が再度変更されました。デフォルトで、(上のSSのように)URLスキームとwwwの両方が表示されます。

デフォルト設定

  • Chrome v68.x
    URLスキーム 、www表示
  • Chrome v69.0.3497.81
    URLスキーム 、www表示
  • Chrome v69.0.3497.92
    URLスキーム 、www表示

"Omnibox UI Hide Steady-State URL Scheme and Trivial Subdomains"の設定による違い

  • Chrome v69.0.3497.81

    "Omnibox UI Hide Steady-State URL Scheme …"

    • Default
      URLスキーム 、www表示
    • Enabled
      URLスキーム 、www表示
    • Disabled
      URLスキーム 、www表示
  • Chrome v69.0.3497.92

    "Omnibox UI Hide Steady-State URL Scheme …"

    • Default
      URLスキーム 、www表示
    • Enabled
      URLスキーム 、www表示
    • Disabled
      URLスキーム 、www表示

常にwwwhttp://https://を表示させる方法

※ Chrome v69.0.3497.81

(v69.0.3497.92では、デフォルトで表示されています)

最初に、Google Chromeを起動しておきます。

  1. Google Chromeのアドレスバーに、「Chrome:flags」と入力。
  2. 「Available」を選択。(デフォルトで選択されている)
  3. 検索ボックスに「ui hide」と入力。
  4. Omnibox UI Hide Steady-State URL Scheme and Trivial Subdomains:
    Default → Disabled
  5. [RELAUNCH NOW] ボタンを押して、Google Chromeを再起動させる。

1. Omniboxに「Chrome: flags」と入力; 2. Availableを選択

3. 検索ボックスに「ui hide」と入力し、必要な項目だけ抽出

4. 「Omnibox UI Hide Steady-State URL Scheme …」をDisabledに変更; 5. [RELAUNCH NOW]を押す

関連記事