AMI BIOSを改造する時に使っているツール等

最終更新日

※ 右端に「+」が表示されている所は、クリックで開きます。(IE8以前は、常に開いた状態です)

このページに掲載しているツール(ソフトウェア)は、基本的にインストール不要なものばかりです。インストールが必要なものはその旨を明記してあります。

環境
  • CPU: Intel Core i5-6500 (Skylake-S)
  • マザーボード: ASUS Z170 PRO GAMING

    • チップセット: Intel 100 series
    • BIOS: AMI UEFI BIOS version 2.17.1246
  • OS: Windows 10

Intel (CS)ME System Tools、Firmware、Driver

Intel (CS)MEの概要 → Intel (CS)MEとは何か?

ここで紹介するサイトには、説明・警告・注意がたくさん書かれています。(英語) どれも大切な事柄ばかりですので、よく読んでください。

ダウンロードの際は、ブラウザのクッキーを有効にする必要があります。配布物は圧縮(.rar形式等)されています。解凍ソフトが必要です。

(DriverはBIOSの改造には関係ありませんが、ついでに載せておきます)

Intel (CS)ME System Tools

コマンド入力で、Intel ME(CSME)、プラットフォームのパラメーター、BIOS等の情報表示・操作等ができるツールの詰め合わせ。

内容 (Intel CSME System Tools v11の場合)

  • Clock Commander Tool
  • Flash Image Tool (FIT)
  • Flash Programming Tool (FPT)

    (DOSやEFIで使う場合は、同梱のfparts.txtも忘れないように)

  • FWUpdate
  • Manifest Extension Utility
  • MEInfo
  • MEManuf

※ バージョンによって内容が異なります。

https://www.win-raid.com/t596f39-Intel-Management-Engine-Drivers-Firmware-amp-System-Tools.html

C2. Intel (CS)ME System Tools」の章

Intel (CS)ME System Tools使用時の注意事項

  • 管理者権限でコマンドを実行する。
  • DOSで使用するには、DOS起動ディスクにDOS用フォルダーの中身全部をコピーする。

  • コマンドプロンプト(ターミナル)画面のカレントディレクトリは、コマンドの実行ファイルが入っているディレクトリ(フォルダー)に移動しておく。


    Windows 64bit上で、E:\Flash Programming Tool\WIN64\FPTW64.exeコマンドを使用する場合

    cd /d "E:\Flash Programming Tool\WIN64"
    FPTW64 [コマンドオプション]

    ※ エラーログは、カレントディレクトリに作成される。エラーログは、エラー発生毎に(追記ではなく)上書きされる。

  • コマンドオプション -?でコマンドの使用方法を確認する。
  • [一部のツール]
    DOSで使用する場合等、コマンド結果表示が流れて困る場合は、コマンドオプション -PAGEを付けると、1ページごとに表示することができる。

Intel (CS)ME System Toolsのエラーと対処法

Error 284: Fail to load driver (PCI access for Windows).
Tool needs to run with an administrator priviledge account.

原因

管理者権限が必要。

対処法

管理者権限でコマンドを実行する

[Windowsの場合]
コマンドプロンプト(cmd.exe)を管理者として起動してから、コマンドを実行する。

原因

Intel (CS)ME System Toolsのいずれかがクラッシュした際に、pmxdrvサービスが削除されずに残ったままになっている。

対処法

pmxdrvサービスとファイルを削除する。

[Windowsの場合]
コマンドプロンプト(cmd.exe)を管理者として起動し、次のコマンド3つを実行。

net stop pmxdrv
del C:\Windows\System32\drivers\pmxdrv.sys
sc delete pmxdrv
Error 368: Failed to disable write protection for the BIOS space.
FPT Operation Failed.
FPTでBIOS Updateをしようとした際に発生。

原因

「BIOS Lock」が有効のため、FPTで書き込むことができない。

対処法

  • BIOS設定で「BIOS Lock」を無効にする。
    (ただし、項目が非表示の場合がある)
  • FPTではなく、通常のBIOS更新方法や他の方法を試す。
    (マザーボード・PCのマニュアル参照)
  • SPI Programmer(SPI Flash ROM ライター)を使ってBIOSをFlashする。
    (BIOS Chipに直接書き込む機器が必要)
Error 451: The host CPU does not have write access to the target flash area.  To enable write access for this operation you must modify the descriptor settings to give host access to this region.
FPT Operation Failed.

ケース1

FPTを使ってME regionの書き換えしようとした際に発生。

原因

「ME Lock」が有効のため、ME Regionにアクセスできない。

対処法

  • FPTではなく、FWUpdateツール(FWUpdLcl)を使う。
  • BIOS設定で「ME FW Image Re-Flash」をEnabledにする。
    (ただし、項目が非表示の場合がある)

ケース2

FPTを使ってFull BIOS(全region) updateをしようとした際に発生。

原因

書き込み許可がないregionがある。

対処法

BIOS regionだけ更新してみる。(FPTコマンドに-BIOSオプションを付ける)

Error 8743: Unknown or Unsupported Platform
Cannot locate hardware platform identification
This program cannot be run on the current platform.
FWUpdateToolで発生。

原因

ツールのバージョンが古い? (ツールとFirmwareのバージョンが離れている場合にうまく動作しないことがある)

対処法

  • Firmwareと同じ、またはそれより新しいバージョンのツールを使う。
  • DOS用のツールを使う。
    (DOS起動ディスクでブートする必要がある)

原因

Exploit Protectionのシステム設定 - 高エントロピ ASLR(を使用しない) の設定が「既定でオン」になっている。

対処法

  • Exploit Protectionの設定 →プログラム設定 →ツールの実行ファイルを追加 →ボトムアップ ASLR →「高エントロピを使用しない」のチェックを外す →適用
  • Exploit Protectionの設定 →システム設定 →高エントロピ ASLR →「既定値を使用する(オン)」に変更 →PCを再起動
  • DOS用のツールを使う。
    (DOS起動ディスクでブートする必要がある)

Intel (CS)ME Firmware

これはBIOS Chip内のME regionに書き込むものです。

Intelはエンドユーザーに直接配布していません。マザーボード・PCメーカーのサイトのサポートページ、または次のダウンロードURLから入手してください。

https://www.win-raid.com/t596f39-Intel-Management-Engine-Drivers-Firmware-amp-System-Tools.html

B1. (Converged Security) Management Engine - (CS)ME」の章

または、
https://www.win-raid.com/t832f39-Intel-Engine-Firmware-Repositories.html

※ 「Power Management Controller - PMC」のFirmwareは、MEのFirmwareとは別。Coffee Lake以降が対象。

注意
  • 必ず自分のマシンに適したファイルを使用する。
  • 古いバージョンには脆弱性が見つかっている。それより新しいバージョンを適用することが望ましい。

    Intel MEの脆弱性情報

Intel (CS)ME Firmware ファイルの選び方

ファイル名の文字に意味があります。

チップセットによって異なる。

現在適用中のIntel (CS)ME Firmware バージョンと異なるものは、基本的に使用できない。

  • SLM = Slim (Minimal Feature Set)
  • CON = Consumer (Basic Feature Set)
  • COR = Corporate (Full Feature Set)

一般的なPCはConsumer。

100/200/300/X299/C400/C620-series Systemsの場合、PCH-HとPCH-LPの2つがある。

Intel CPUの開発コードネーム(型番ではない)の末尾のアルファベットで区別する。

  • Skylake-S、Kaby Lake-S、Coffee Lake-S
    → PCH-H
  • Skylake-H、Kaby Lake-H、Coffee Lake-H
    → PCH-H
  • Skylake-U、Kaby Lake-U、Coffee Lake-U
    → PCH-LP
  • Skylake-Y、Kaby Lake-Y、Coffee Lake-Y
    → PCH-LP

ME FW バージョンによっては、ファイル名に1.5MBまたは5MBと書かれているものがある。

  • 1.5MB = Consumer向けのマシン
  • 5MB = Corporate向けのマシン
  • RGN
    (ME Firmware Type: Region, Stock)

    IntelがOEMに提供するファイル。最もcleanな状態。

  • EXTR
    (ME Firmware Type: Region, Extracted)

    BIOSファイルあるいはSPI/BIOS Chipから抽出したファイル

  • UPD
    (ME Firmware Type: Update)

    SPI/BIOS ChipからFWUpdateツールで抽出したファイル。(FWUpdateツールは、Intel (CS)ME System Toolsに入っている)

    ME Firmware RegionはCODEとDATAの2つのセクションで構成されている。「UPD」ファイルに含まれているのは、CODEセクションのみ。

    FWUpdateツール以外で、「UPD」ファイルをFlashしてはいけない。

判断できない場合は、現在適用中のME Firmwareを調べてみるといいでしょう。

ME Firmware情報の調査方法、およびME Firmsareの更新方法は別記事を参照してください。→ Intel (CS)ME Firemwareの情報確認・更新方法

Intel (CS)ME Driver

これはOSにインストールするものです。インストールの必要性はケースバイケース。

https://www.win-raid.com/t596f39-Intel-Management-Engine-Drivers-Firmware-amp-System-Tools.html

A. About Intel MEI Drivers」の章

  • v18xx.12
    Intel チップセット100-series 以降と、8-series Broadwell mobile
  • v11.7
    Intel チップセット8・9-series Haswell (ME9)
  • v11.0
    Intel チップセット6・7-series Ivy/Sandy Bridge (ME7-8)

D. About Old Intel MEI Drivers」の章

  • Intel チップセット 5-series以前

Intel (CS)ME Driverの種類

  • Installer
    Intelのインストーラー付き。アンインストールは、コントロールパネルの「プログラムと機能」から行う。
  • INF for manual installation
    デバイスマネージャーからドライバの適用(=更新)・削除を行う。
  • 「Intel MEI Drivers & Software」

    AMT + SOL Driver + MEI Driver

  • 「Intel SOL "Driver" Only」

    SOL Driver

  • 「MEI Driver Only」

    MEI Driver

「Intel MEI Drivers & Software」がIntelが配布しているもの。そこからAMT等を省いて一部機能だけを残したものが、他の2つ。

リモート管理等を行わない場合は「MEI Driver Only」でよい。

Intel AMT (Active Management Technology)
リモート管理機能。Intel vPro Technologyの一つ。サーバーやワークステーション等を、他のマシンから情報取得・操作するのに使用。
Intel SOL (Serial Over LAN)
リモート管理における通信に使用。

HWiNFO

詳細なハードウェア情報の表示、温度等のモニタリング機能を持つソフトウェア。[Save Repoart]ボタンで、解析した情報をファイルに保存できます。

対応OS

  • Windows 32bit/64bit
  • DOS

https://www.hwinfo.com/download/

  • Windows 32bit/64bit インストール版
  • Windows 32bit/64bit ポータブル版
  • DOS

MEAnalyzer

Intel (CS)ME Firmwareの情報を表示するソフトウェア。解析対象は、BIOSファイルとME Firmwareファイル。

Warning!

MEAnalyzerの実行ファイル MEA.exeが、一部のセキュリティソフトの検査に引っ掛かります。

ME Analyzer v1.80.0 r151のMEA.exe
VirusTotalの検査結果 検出率: 18 / 69

既知のマルウェアというわけではなく、マルウェアのふるまいに似ていると診断されているようです。

ESETの詳細スキャンでは、問題は検出されません。最終的な判断はご自身でしてください。

対応OS

  • システム要件

    Universal C Runtime(UCRT)が必要。
    (Python環境で自らbuild/freeze/compileして使う場合は不要)

    Universal C Runtime(UCRT)
    Windows10以降は、既定でインストールされている。
    Windows8.1以前は、最新のWindows Updateが適用されていればインストールされている。

    Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージに含まれている。

    Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージ Update 3
    https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=53587

    エラーでVisual C++ 2015 再頒布可能パッケージをインストールできない場合 (Windows 8.1以前、Windows Server 2012 R2以前)

    → 最新のWindows Updateを適用するか、次のURLを参照して前提条件となるKBをインストールしておく。
    https://blogs.msdn.microsoft.com/jpvsblog/2018/02/27/ucrt-prerequisite/

  • Python(v3.6以降)環境で、build/freeze/compileする必要がある。

    参照: https://github.com/platomav/MEAnalyzer

    サードパーティ Python モジュールのインストールについて
    →「C2. Code Prerequisites」

    手動でbuild/freeze/compileする方法について
    →「C3. Build/Freeze/Compile with PyInstaller」

Windowsの場合

  1. MEA.exeファイルに、ME Firmwareファイル あるいは BIOSファイルをドラッグアンドドロップ。
  2. 自動的にコマンドプロンプト画面が開く。
  3. Option(s)は未入力のまま、Enter

    (helpを見るには、Option(s)に-?と入力→Enter)

コマンドプロンプト画面右上の×ボタンを押して終了させた場合
→ TEMPフォルダーに残った「_MEI*****」フォルダーを自分で消去する。

指示にしたがってEnterを押して終了させた場合
→ 「_MEI*****」フォルダーは自動的に消去されるため、自分で消去する必要はない。

※ 「_MEI*****」フォルダーには、MEA.exe自身に内蔵されているファイル(.pyd、.pyc = プログラミング言語 Pythonのファイル拡張子)が展開される。

https://github.com/platomav/MEAnalyzer/releases

DB…ではなく、ME Analyzer…と書かれているところのME_Analyzer_v1.xx.x_rxxx.rarをダウンロードする。

※ Linuxとmacでは自分でビルドする必要がある。Windowsは自分でビルドする必要はなく、.rarを解凍すればすぐに使える。

UEFI Tool

UEFI BIOSファイル(UEFI Firmware Image)を編集するためのソフトウェア。Moduleの検索・抽出・追加・削除・置き換えができます。

Moduleの編集後もファイルサイズは維持され、他のmoduleの書き込み位置には影響しません。元のファイルサイズを超過する場合は、保存できないようになっています。

※ Legacy BIOSファイルは使用できません。

対応OS

  • Windows 32bit
  • Linux x86-64 (=64bit)
  • mac

https://github.com/LongSoft/UEFITool/releases

  • UEFITool_0.2* = 正式版
  • UEFITool_NE_A* = Alpha版(開発テスト用)
    ReplaceやInsert等はできない。正式版とは表示が異なる部分がある。

FD44Editor

ASUS UEFI BIOSファイル専用。

ASUS UEFI BIOSファイル内のPrimary (LAN) card MAC、System UUID、Motherboard S/N 等の編集をするためのソフトウェア。

このソフトウェアで編集する必要があるのは、SPI Programmer(ハードウェア。SPI Flash ROM ライター等とも呼ばれます)を用いて、直接ASUS製マザーボードのBIOS ChipにBIOSファイルを書き込む時だけです。通常の方法やプログラムを用いてBIOS updateする場合は編集不要です。

対応OS

  • Windows
  • mac OSX
https://github.com/LongSoft/FD44Editor/releases

別名で保存ができず、上書き保存しかできない。編集・保存する場合はあらかじめUEFI BIOSファイルのバックアップを取っておく。

  1. FD44Editor.exeを起動する。
  2. [Open from BIOS image file...]ボタンから、解析したいUEFI BIOSファイルを選択する。
  3. BIOSファイルを開く時に、次のメッセージが出る。気にしなくてよい。

    Data format can't be detected
    Module data format in opened file can't be fully detected.
    It is normal, if you are opening BIOS backup made by ASUS tools.
    Please setup data format manually.
  4. Data values欄・Data format欄を編集する。
  5. [Save to BIOS image file...]ボタン →開いたファイルを指定して保存する。
    (注意: 別名で保存しようとしても、実際は保存できていない)

Binary Editor

いろいろありますので、自分が使いやすいものを探してください。とりあえず、HxD(Windows専用)だけ紹介しておきます。

HxD

バージョンはv1.x、v2.xの2種類。それぞれインストーラ版とポータブル版があります。

v1.7.7.0 (2009/04/03)

  • 対応OS: Windows 95, 98, ME, NT 4, 2000, XP, 2003, Vista, or 7
    (Windows10でも使用可能)
  • 日本語GUI有り
  • インストーラ版とポータブル版が別々に配布されている。

v2.x

  • 対応OS: Windows XP, 2003, Vista, 7, 8 or 10
  • 日本語GUI無し
  • インストーラ版、ポータブル版(32bit用と64bit用)がセットになって配布されている。

v1.7.7.0
https://mh-nexus.de/en/downloads.php?product=HxD

HxD v1.7.7.0 日本語GUI portable 直接ダウンロードURL
https://mh-nexus.de/downloads/HxDjp.zip

v2.x
https://mh-nexus.de/en/downloads.php?product=HxD

HxD v2.x(の最新版) portable・installable 直接ダウンロードURL
https://mh-nexus.de/downloads/HxDSetup.zip

  1. HxDSetup.zipを展開
  2. HxDSetup.exeを起動
  3. Select Setup Language →言語選択 (English等) →OK
  4. Next →"I accept the agreement"を選択 →Next
  5. "Portable - Supports removeable drives (e.g., USB pen drives)"を選択 →Next
  6. 展開先を入力 →Next
    (注意: デフォルトの展開先は、"C:\Program Files\HxD"が入力されている)
  7. "Create default configuration"を選択 →OK
  8. (必要なものだけチェックを残す) →Finish

Universal-IFR-Extractor (LongSoft)

UEFI BIOS用

BIOSファイルの内容から、BIOS項目情報を判読可能な状態でファイルに出力するソフトウェア。

ただし、BIOSファイルをそのまま使うことはできません。(Unknownと表示されます) UEFI Toolを使ってSetupモジュール部分だけを抽出したファイルを使います。(SetupモジュールのGUIDは、899407D7-99FE-43D8-9A21-79EC328CAC21であることが多いようです)

https://github.com/LongSoft/Universal-IFR-Extractor/releases

  • IRFExtractor.exe

    GUI
    Setupモジュールファイルをドラッグアンドドロップして使う。

  • ifrextract.exe

    CLI
    コマンドで使用する。

    Usage: ifrextract input_file output_file

Universal IFR Extractor.exe (GUI)
https://github.com/donovan6000/Universal-IFR-Extractor
最終バージョン: v0.6
最終リリース日: 2014/06/16
IRFExtractor.exe (GUI)
ifrextract.exe (CLI)
https://github.com/LongSoft/Universal-IFR-Extractor
上のdonovan6000氏のUniversal IFR Extractor.exeに改良を加えたもの。

後者のLongSoft版のv0.3.6以降を推奨。

(LongSoft版のv0.3.5以前とdonovan6000版は、ASUSマザーボードの一部の機種のBIOSに対応していないため)

AMI Setup - IFR Extractor、AmiSetupWriter

AMI UEFI BIOS専用

EFI ShellからAMI UEFI BIOSの設定を変更するために必要な、ソフトウェアとブート用ファイルです。

AmiSetupWriterを使う時は、DOS起動ディスクとしてフォーマットしたUSBメモリが必要です。

  • AMISetup_IFR

    OS: Windows

    AMI UEFI BIOS項目情報をファイルに書き出すソフトウェア。Universal-IFR-Extractor (LongSoft)をより簡単に使えるようにセット。

    使用方法: AMISetup_IFR.batにBIOSファイルをドラッグアンドドロップする。

  • Boot_Shell_AmiSetupWriter

    AmiSetupWriterコマンドファイルと、EFI shellを使うためのブート用ファイル

    AmiSetupWriter.efiとEFI\BOOT\BOOTX64.EFIを、DOS起動ディスクにコピーする。

https://www.win-raid.com/t3993f16-Tool-Guide-AMI-Setup-IFR-Extractor-AMISetupWriter.html

ダウンロードリンクは、"The package consists of 2 parts."の下の"Download"。

問題

setup_extr.txtが作成されない。setup_extr.txtの中身がほとんど空。(ASUSマザーボードの一部の機種で発生)

※ 正常であれば、_Setupフォルダーの中に3つのファイル(BIOSLock_str.txt、body.bin、setup_extr.txt)が作成される。

原因

AMISetup_IFR_v0_1に入っているifrextract.exeのバージョンが古い。(この問題はifrextract.exe v0.3.6で修正済み)

対処法

ifrextract.exeをv0.3.6以降のものに置き換える。

ifrextract.exe v0.3.6 直接ダウンロードURL (zip)
https://github.com/LongSoft/Universal-IFR-Extractor/releases/download/v0.3.6/ifrextract_v0.3.6_win.zip

※ ロシア語表示

  1. 最初のポップアップウィンドウは関係ないため、右上の×をクリックして閉じる。
  2. ダウンロードしたいファイルにチェックを入れる。
  3. ページ上部の[ Скачать]ボタン (=ダウンロード)
  4. ポップアップウィンドウが表示される。

    【日本語訳】(Google翻訳)

    ファイルをダウンロードしようとしています。
    (選択したファイル名)

    この種類のファイルはコンピュータに害を及ぼす可能性があります。
    送信者を信頼している場合にのみダウンロードしてください。

    [チェックボックス] このファイルのダウンロードを希望します。
    ダウンロード / キャンセル

  5. チェックボックスをクリックしてチェックを入れる。
  6. [Скачать]ボタン(=ダウンロード、青色)をクリックする。
    (右隣の[отменить]ボタン =キャンセル)
関連記事