Radeonドライバのエラー MOM.Implementation

最終更新日

MOM.Implementationエラー

Windows10テクニカルプレビュー版にWindows7用ドライバをインストールしました。(互換モードは使わずに)
しかし、ドライバが適用されていなかったので、デバイスマネージャからドライバの更新→C:\ATIフォルダを指定して適用しました。

その後、こんなエラーが出るようになりました。

Could not load file or assembly "MOM.Implementation, Version=2.0.3693.42531, Culture=neutral, PublicKeyToken=90ba9c70f846762e" or one of its dependencies. The system cannot find the file specified.

これはWindows8.1以前でも起こりうるエラーです。

C:\Program Files\ATI、C:\Program Files\ATI Technologiesの中を確認したところ、どう見ても中身が足りません。インストールが不完全だったようです。

Radeonドライバーを再インストールするのが手っ取り早いとのことですが……。

[追記]

これはCCC(Catalyst Control Center)のMOM.Implementation.dllが見つからないというエラーです。CCCのインストールが不完全だった可能性があります。

最後の章 CCCのアンインストール後に残ったアセンブリの削除 に対処法を書きました。

ところが、ドライバのアンインストールが簡単にはできませんでした。

以下は、コントロールパネル→プログラムと機能からやってみたこと。

  • ATI Catalyst Install Manager→変更→次→Catalystインストール修復マネージャ

    ⇒× 修復しても直らない。

  • ATI Catalyst Install Manager→変更→次へ→全てのATIソフトウェアの高速アンインストール

    ⇒× 途中で、「MOM.Implementation~」エラーメッセージが出た。OKを押してメッセージを消しても、アンインストールが進まない。

  • ATI Catalyst Install Manager→修復
    次に、ATI Catalyst Install Manager→変更→次へ→全てのATIソフトウェアの高速アンインストール→PCを再起動

    ⇒○ アンインストール終了

後になって、C:\ATIフォルダの中のSetup.exeを使ってインストール・アンインストールができるのに気付きました。

おすすめのRadeonドライバのアンインストール方法

プログラムの一覧に表示されておらず、アンインストールできない時でも使えます。

  • C:\ATI(またはAMD)フォルダがある場合

    1. C:\ATI(またはAMD)\Support\…cccフォルダ内にあるSetup.exeを実行。
    2. アンインストールをクリック。
  • C:\ATI(またはAMD)フォルダがない場合

    1. 前のインストーラがあればそれを使う。
      なければ公式ダウンロードサイトからCCCドライバインストーラを入手。
      http://support.amd.com/ja-jp/download
    2. インストーラを実行する。
    3. 途中でインストールとアンインストールのどちらかを選べるので、アンインストールをクリック。

アンインストールした後も削除しきれていないものがあります。
それが原因で問題が起こるようなら掃除が必要です。

自分でできなければ、ファイル・レジストリクリーナーソフトを利用するのが簡単です。ある程度は掃除できます。

以上の方法でも、Radeonドライバがアンインストールできない、エラーが解決できない時の対処法。

CCCのアンインストール後に残ったアセンブリの削除

CCC(Catalyst Control Center)をアンインストールした後も、C:\Windows\Assemblyフォルダー内にATI関係のファイルが残っていることがあります。これが再インストール時に邪魔になることがあるそうです。

http://www.hardwareheaven.com/community/threads/problems-with-installing-catalyst-control-center.186707 より、翻訳+補足説明。

CCC(Catalyst Control Center)をアンインストールしてから以下のことを行います。
CCC以外のインストールも不完全な場合は、CCC以外のRadeonドライバ・ソフトウェアもアンインストールしておきます。
(AMDの場合はATI→AMDに置き換えてください)

  1. regedit.exeを起動し、次のレジストリキーが無い、または内容が空であることを確認。

    • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\ATI\ACE
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ATI\ACE
  2. C:\Program Files\ATI Technologies\ATI.ACEフォルダーが無い、または中身が空であることを確認。
  3. C:\Windows\Assemblyフォルダー内に、Public Key Tokenがエラー表示と同じ(例 "90ba9c70f846762e")ファイルがあれば、それら全てについて、右クリック→アンインストール。

    公開キートークンでソートし、該当するアセンブリをアンインストール

    ※ C:\Windows\assemblyフォルダーがこの表示形式ではない場合、assemblyフォルダの表示がおかしくなった をご覧ください。

  4. %Userprofile%\AppData\Local\ATI\ACEフォルダーが無い、または中身が空であることを確認。
  5. CCCを再インストールする。

アクセス拒否されてアセンブリをアンインストールできない場合は、次のいずれかの方法で。

  • セーフモードで起動してからアンインストールする。
  • gacutil.exeを使ってアンインストールする。

gacutil.exeを使えば、セーフモードにしなくてもアンインストール可能ですが、gacutil.exeはWindows SDK(の.NET 4.x SDK)に含まれており、Windows SDKをインストールする必要があります。

Windows10 (10586) SDKの場合、gacutil.exeの場所は
C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v10.0A\bin\NETFX 4.6 Tools\gacutil.exe
注意! SDKのバージョンによって変わります。

gacutil.exeを使用して、アセンブリをアンインストールする方法

(例) Windows10 (10586) SDKインストールPCで、ATIDEMOS(ATIDEMOS.dll)をアンインストールする場合

  1. コマンドプロンプト(cmd.exe)を管理者として起動し、下のコマンド2行を実行する。
  2. cd "C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v10.0A\bin\NETFX 4.6 Tools"
  3. gacutil -u ATIDEMOS

gacutil.exeを使い、コマンドでアセンブリをアンインストール

それでも、MOM.Implementation.dll等がC:\Windows\Assemblyフォルダーに入らない場合は、一応、.NET Frameworkを再インストールしてみてください。

Win8以降での.NET Frameworkの再インストール方法とエラー発生時の対処法

関連記事