Battle.netアカウントの住所がUnited States

Japanで登録したはずが、United Statesになった。

Diablo3を始めるにあたり、Battle netでアカウントを作ったら、住所がなぜかアメリカ合衆国になっていました。

登録住所アメリカ合衆国

Country of Residence:United States

ネットで調べてみたら、同じように住所がアメリカになってしまった人が結構いました。

バトルネットアカウントの登録国変更手続き

  • アカウントページからすぐには変更できない
  • 自分のアカウントにログインして、サポートに申請する。
  • 申請内容は英語で書き、身分証明書(パスポート、運転免許証、写真付きの住民基本台帳カード)の画像を添付する。

    上記身分証明書でも、日本語しか書かれていないものは受け付けてくれないことがある。自分で英語訳を付けると良いらしい。

    バトルネットアカウントでの登録内容と少しでも違っているとダメ。

  • 手続き完了まで2日程度かかる。

バトルネットアカウントの登録には、ダミー情報は使わない方が良いでしょう。

何らかの理由でアカウントが凍結された時に解除を申請する場合でも、上と同じ手続きをします。その際に本人と認めてもらえなかったら、そのアカウント、関連付けられたソフトのライセンス、入金済みのBB(Battle.net Balance)は諦めるしかありません。

変更が面倒なので、別のアカウントを作るのがいいらしい。

幸い、購入したゲームキーをそのアカウントで使う前だったので、別のメールアドレスで登録し直しました。

一度作ったアカウントは自分で削除できないため (これまたサポートに英語で削除申請すればできるのかな)、入力済みの情報で消せるものは消しておきました。

なぜ United States になっていたのか。

この「CHANGE COUNTRY | CANCEL」がブラウザでちゃんと表示されていなかったからだと思います。

国変更確認メッセージ

登録画面はデフォルトでUnited Statesになっており、プルダウンメニューからJapanをクリックします。

国選択プルダウンメニュー

次に If you change your country, … が表示され、「CHANGE COUNTRY」というボタンをクリックする必要があります。

国変更確認メッセージ表示あり(通常)

しかし、最初のアカウントを作ったときにはこれが表示されないのに、すぐJapanに変わりました。

自分のブラウザでの見た目はJapan。しかし、Battle.netへの送信内容はUnited Statesのままであった可能性があります。

2つ目のアカウントを作った時も、最初はCHANGE COUNTRYボタンが表示されず、F5キー(最新の情報に更新)を何度か押してやっと表示されました。

使っていたブラウザはIE8でした。

現在のブラウザの設定等を見直してもちゃんと表示されない場合は、次の記事 SMS Protectの登録手続きができない。と同様に、他のブラウザを使ってみると良いかもしれません。

関連記事