FREAK攻撃への一時的な対策 (Windows PCユーザー側)

最終更新日

グループポリシーからSSL暗号の順位の変更

SSL/TLS の実装が輸出グレードの RSA 鍵を受け入れる問題 (FREAK 攻撃)
https://jvn.jp/vu/JVNVU99125992/index.html

Windowsの更新プログラムは2015/03/11頃に配布が開始されました。Windows Update等から適用できます。また、下のURLのリンクからも個別ダウンロード可能です。

https://technet.microsoft.com/library/security/MS15-031#ID0EOB

下記の回避策を採用した場合は、解除してから更新プログラムを適用した方が良いようです。

Windowsについては、回避策としてSSL暗号の順位を変更し、RSA 鍵交換暗号を無効にすることが推奨されています。(MS15-031更新プログラム適用後は不要)

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-031
Schannel の脆弱性により、セキュリティ機能のバイパスが起こる (3046049) ―― 回避策
https://technet.microsoft.com/library/security/MS15-031#ID0EZMAE

[注意]

  • 上記回避策を適用することにより、IE等を使用の際、httpsで始まるURLの一部にアクセスできなくなる所があります。表示例:「このページは表示できません」
  • サードパーティ製のソフトの中には、WindowsのSSL設定に影響を受けないものがあります。(Firefox等)

しかし、設定するにあたって一つ問題がありました。暗号リストをそのままコピー&ペーストしても表示されるのは最初の1行だけになってしまうこと。

実はそのままでは使えないので、暗号リストを編集する必要がありました。

編集後のSSL暗号リストが下になります。

TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384_P256,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384_P384,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256_P256,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256_P384,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA_P256,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA_P384,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA_P256,TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA_P384,TLS_DHE_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384,TLS_DHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384_P384,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256_P256,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256_P384,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384_P384,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256_P256,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256_P384,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_CBC_SHA_P256,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_CBC_SHA_P384,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA_P256,TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA_P384,TLS_DHE_DSS_WITH_AES_256_CBC_SHA256,TLS_DHE_DSS_WITH_AES_128_CBC_SHA256,TLS_DHE_DSS_WITH_AES_256_CBC_SHA,TLS_DHE_DSS_WITH_AES_128_CBC_SHA,TLS_DHE_DSS_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA

from https://technet.microsoft.com/library/security/MS15-031

どこが違うかっていうと、「改行」を無くしただけ。理由は次の章で。

SSL暗号の順位の変更作業

  1. 「検索」または「ファイル名を指定して実行」から、gpedit.mscを起動する。
  2. コンピューターの構成→管理用テンプレート→ネットワーク→SSL構成設定→SSL暗号の順位
  3. SSL暗号の順位 画面

    1. 有効にする。
    2. オプション「SSL暗号」を変更する。
      (上記の暗号リストに差し替える)
    3. OKをクリック。
  4. PCを再起動する。

SSL暗号の順位 設定画面(Win8)

設定をデフォルトに戻すには、有効→未構成にします。

グループポリシーエディターはWindows XP以降で使えますが、Home Editionでは利用できません。

また、Windowsの古いバージョンではグループポリシーエディターの起動方法が異なります。

グループポリシー SSL暗号順位リスト 記述方法の注意点

SSL暗号のリストはコンマ(,)区切りにして1行にまとめる。改行は使わない。

[参照]

Changing the SSL cipher order in Internet Explorer 7 on Windows Vista
http://blogs.technet.com/b/steriley/archive/2007/11/06/changing-the-ssl-cipher-order-in-internet-explorer-7-on-windows-vista.aspx

暗号リストに改行が使われていると、改行の前までしか張り付けることができません。

リストに改行が使われていたり、コンマ区切りになっていない場合は、メモ帳(notepad.exe)などのテキストエディタを使って編集します。編集したものを「SSL暗号」欄に張り付けます。

関連記事