Creativeサウンドカード 4 ― アンインストール後にさらに掃除

2015.07.11.Sat
  1. アンインストールしてからの再インストールでトラブル発生。
  2. アンインストール後も残っているドライバを削除する。
  3. PAXドライバには.iniファイルを削除するバッチファイルが付属
  4. Creativeサウンド関連ファイル・フォルダー等

アンインストールしてからの再インストールでトラブル発生。

新しいバージョンのドライバソフトをアンインストールしてから、古いものをインストールしようとした時にエラーになりました。

セットアップは、システムにより新しいバージョンのオーディオドライバを検出しました。
新しいバージョンのオーディオドライバがすでに入っている。

この時、実は普通にアンインストールしただけではなく、下のように削除しておきましたが、不十分だったようです。

  • Revo Uninstaller Freeを使用。完全削除を選んで、通常のアンインストール+レジストリの残骸少々を削除。
  • Cドライブ内を検索して、Creativeフォルダー、Creative Labsフォルダー等を削除
  • C:\Windows\System32\Dataフォルダー内を削除
  • レジストリからも手動で無難な範囲で削除

調べてみたら、ドライバソフトのDriversフォルダー内のSetup.exeを使って、WDMドライバをアンインストールすればよいことがわかりました。

アンインストール後も残っているドライバを削除する。

用意するもの

  • Creativeサウンドドライバソフトウェアのインストーラ

    (インストール時に使用したのと(バージョンも)同じものが無難だと思いますが、違うものでも一応使えました)

  • 解凍ソフト

    • Creative公式ドライバの場合は.exe対応の解凍ソフト、または不要*
    • Support Packドライバの場合は解凍ソフト不要
    • PAXドライバの場合は、.7zファイル対応の解凍ソフト

* Creative公式ドライバを解凍ソフトを使用せずに展開する方法

  1. インストーラを実行
  2. 設定言語の選択の所で、インストールをキャンセルする。
  3. C:\Windows\Temp\CRF000フォルダーが作成されている。
    (その中に解凍されたファイル類がある)
Driversフォルダー内のSetup.exe

作業内容

  1. インストーラを解凍。
  2. Driversフォルダーを探し、その配下のSetup.exeを実行する。

    • Creatvie公式ドライバ → Drivers(サウンドカードのシリーズ名)\Setup.exe
    • XFI_SupportPackドライバ → Audio\Drivers\Setup.EXE
    • PAXドライバ → Drivers\Setup.exe
  3. Creative Driver Update Utility ウィンドウで

    1. Driver Uninstallationを選択。
    2. Delete all shared Creative audio driver filesにチェックを入れる。
    3. OKをクリック。
    WDM Drivers Uninstallation

PAXドライバには.iniファイルを削除するバッチファイルが付属

PAXドライバには、delete_pax_tweaks\delete_pax_tweaks.batが入っています。
(2014年頃のバージョンから。古いバージョンには入っていません)

PAXドライバをアンインストールしたら、ついでにこのバッチファイルも実行するいいでしょう。(右クリック→管理者として実行)

不要になった.iniファイルを削除できます。
(公式ドライバで使用していた.iniファイル + PAX独自で使用していた.iniファイル)

delete_pax_tweaks.batで削除されるファイル一覧

  • 2.1SurroundSound.ini
  • 4.1SurroundSound.ini
  • 5.1SurroundSound.ini
  • 7.1SurroundSound.ini
  • AudioCreationMode.ini
  • Balance.ini
  • Bass.ini
  • Decoder.ini
  • Dolby.ini
  • DTS.ini
  • Encoder.ini
  • EntertainmentMode.ini
  • EQ.ini
  • Filter.ini
  • FlashPlayer.ini
  • GameMode.ini
  • Headphone.ini
  • Microphone.ini
  • Mid.ini
  • Optimize.ini
  • PlayBack.ini
  • ProLogic.ini
  • Recording.ini
  • Speaker.ini
  • Subwoofer.ini
  • Treble.ini
  • Tweaks.ini
  • What U Hear.ini

Creativeサウンド関連ファイル・フォルダー等

関連プログラム

OpenAL

Creativeドライバソフトをインストールした際、付属ソフト以外にこれもインストールされています。

Creativeドライバソフトウェア関連のフォルダー

  • C:\Program Files\Creative\
  • C:\Program Files\Common Files\Creative Labs Shared\
  • C:\ProgramData\Creative\
  • C:\ProgramData\Creative Labs\
  • %userprofile%\AppData\Local\Creative\
  • %userprofile%\AppData\Roaming\Creative\

その他、関連すると思われるファイルの一部

(OpenAL、PAXドライバ・SupportPack独自のものも含む)

SB X-FI (Windows8 32bitで使用)の場合
(64bit Windowsの場合は、C:\Program Files (x86)\内、C:\Windows\SysWOW64\内にもある)

  • C:\Windows\INRES.DLL
  • C:\Windows\INRESJPN.DLL
  • C:\Windows\CTXFIJPN.DLL
  • C:\Windows\CTXFIRES.DLL
  • C:\Windows\Temp\ctpxst32.exe
  • C:\Windows\Temp\cttele32.dll
  • C:\Windows\System32\CT1MGM.ROM
  • C:\Windows\System32\CT2MGM.SF2
  • C:\Windows\System32\ctdlang.dat
  • C:\Windows\System32\ctdnlstr.dat
  • C:\Windows\System32\default.sfm
  • C:\Windows\System32\default4.sfm
  • C:\Windows\System32\default8.sfm
  • C:\Windows\System32\settings.sfm
  • C:\Windows\System32\settingsbkup.sfm
  • C:\Windows\System32\X-Fi Crystalizer.ini
  • C:\Windows\System32\A3D.dll
  • C:\Windows\System32\ac3api.dll
  • C:\Windows\System32\AddCat.exe
  • C:\Windows\System32\AppSetup.exe
  • C:\Windows\System32\Ct20xspi.dll
  • C:\Windows\System32\ctasio.dll
  • C:\Windows\System32\ctcoinst.dll
  • C:\Windows\System32\ctdproxy.dll
  • C:\Windows\System32\ctdvinst.dll
  • C:\Windows\System32\CTEMUPIA.dll
  • C:\Windows\System32\CTMLFX32.dll
  • C:\Windows\System32\CTMLFX32.UDA
  • C:\Windows\System32\ctosuser.dll
  • C:\Windows\System32\ctpxst32.exe
  • C:\Windows\System32\CTtele32.dll
  • C:\Windows\System32\CTxfiBtn.dll
  • C:\Windows\System32\Ctxfihlp.exe
  • C:\Windows\System32\CTxfiReg.exe
  • C:\Windows\System32\CTxfiSpi.exe
  • C:\Windows\System32\CtxfiSpk.dll
  • C:\Windows\System32\ctzapxx.ini
  • C:\Windows\System32\ct_oal.dll
  • C:\Windows\System32\devreg.dll
  • C:\Windows\System32\EAXAC3.DLL
  • C:\Windows\System32\enlocstr.exe
  • C:\Windows\System32\killapps.exe
  • C:\Windows\System32\OALInst.exe
  • C:\Windows\System32\piaproxy.dll
  • C:\Windows\System32\regplib.exe
  • C:\Windows\System32\SBXFi.ico
  • C:\Windows\System32\sfman32.dll
  • C:\Windows\System32\sfms32.dll
  • C:\Windows\System32\UDAAIM32.exe
  • C:\Windows\System32\UDAAPO32.dll
  • C:\Windows\System32\UDAAPO32.UDA
  • C:\Windows\System32\udapld32.dll
  • C:\Windows\System32\XFi.bmp
  • C:\Windows\System32\PAX.bmp
  • C:\Windows\System32\PAX.ico
  • C:\Windows\System32\Driver\CT20XUT.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\ctac32k.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\ctaud2k.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\ctdvda2k.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\CTEXFIFX.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\CTHWIUT.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\ctoss2k.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\ctprxy2k.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\ctsfm2k.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\ha20x2k.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\emupia2k.sys
  • C:\Windows\System32\Driver\pfmodnt.sys
  • C:\Windows\System32\Data\ctd20x.dat
  • C:\Windows\System32\Data\CTJPN.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0460W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0462W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0463W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0464W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0465W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0466W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0468W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0469W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP046AW.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP046BW.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP046CW.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0550W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP055AW.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0678W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0679W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0730W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP073AW.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\CTP0760W.DAT
  • C:\Windows\System32\Data\cts20x.dat
  • C:\Windows\System32\Data\CTXFICBM.RFX
  • C:\Windows\System32\Data\CTXFICM.RFX
  • C:\Windows\System32\Data\CTXFIEM.RFX
  • C:\Windows\System32\Data\CTXFIGM.RFX

(以下、場所未確認)

  • CiSetup.dll
  • ctdcres.dll
  • ctedasio.dll
  • ctpres.dll
  • CtPresetW.dll
  • mididef.exe

注意

C:\Windowsフォルダー以下のファイルについては、残しておいても問題がなければ、削除しなくていいと思います。
下手にいじってトラブルを起こすよりはマシです。

レジストリに登録済みのdllを削除する場合は、登録解除しないと後でエラーが発生することがあります。(登録してあるものはわずかですが)

登録解除のコマンド
regsvr32 /u (dllファイル名)

参考URL
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/249873/ja

関連記事
Page Top