Windows PCを購入したら、リカバリーディスクの有無を確認

最終更新日

※ この記事は、OSがプリインストールされているPCについての話です。

リカバリーディスクが付属していないPCだったら、自分で作成する。

PCメーカーや機種によって違いますが、リカバリーディスク(再セットアップディスク)が付属している場合と、付属していない場合があります。

リカバリーディスクが付属していない機種は、自分でリカバリーディスクを作成しましょう。

(単なる付属品の入れ忘れの場合は、PCメーカーのカスタマーサポートに連絡してください)

リカバリー方法は2つに大別される。

  • リカバリーディスクからブートする。

  • PC起動直後にF11キー等を押す。

    (どのキーを使うかは、メーカー・機種によって異なる)

後者の方法を採択しているPCは、たいていリカバリーディスクが付いてきません。その代わりに、リカバリーディスク作成ソフトがプリインストールされています。PC購入後、必ずリカバリーディスクを作成しましょう。(空メディアは自分で用意します。作成方法はマニュアルに書かれています)

なるべく早いうちに作っておくことをお勧めします。PCの購入から数年後、リカバリーディスクを作ろうとしたらエラーになり、作成できなくなっていたことがありました。

リカバリーディスクを使わずにリカバリーできる仕組みと欠点

内蔵SSD/HDDにリカバリー用パーティションがあり、BIOS起動時に指定されたキーを押すことで、リカバリーパーティションからブートするように設定されています。
(リカバリー用パーティションは隠しパーティションのため、エクスプローラー上では見えません)

これの欠点は、内蔵SSD/HDDが壊れたり、中身が消去された場合は、リカバリーできなくなることです。そのような時に備えて、リカバリーディスクを作っておかなければなりません。

リカバリーディスク作成機能の落とし穴

メーカー製PCのリカバリー(再セットアップ)ディスク作成機能は、内蔵SSD/HDDのリカバリー用パーティションの内容を元にして、リカバリーディスクを作ります。

そのため、リカバリー用パーティション内のデータが破損、または消去された場合は、作成できません。

PCメーカーのサイトで、リカバリーディスクが販売されていることがあります。(数千円程度) ただし、その機種の発売開始から何年も経つと販売終了してしまいます。

事例 リカバリーが進まない。

NEC製PC(Windows XP)をいったん工場出荷状態に戻そうとして、再セットアップしようとした時のことです。(NECの場合、リカバリーを再セットアップと呼んでいます)

PC起動直後にF11キーを押し、再セットアップを始めたところ、進行ゲージの8割位の所でなぜか、次のCDを入れてください、というような表示が出ました。どうしても進まないため、再セットアップをキャンセル。もう一度試しましたが同じでした。

再セットアップ開始後にパーティション情報が消されているため、キャンセルしても再セットアップ作業前の状態には戻せません。

ここから苦戦しました。

  • 今度は再セットアップディスクを使用してみる。

    … 使えなかった。(中身を見たら、別のNECノートPCの再セットアップディスクだった) このPCの再セットアップディスクを作り忘れていた。

  • 再セットアップディスクの購入を検討

    … 販売終了していた。(サポート期間終了)

  • OSのバックアップイメージから復元

    … バックアップ先が内蔵HDDのEドライブで、再セットアップ時にCドライブ以外のパーティションも削除してしまったため、アクセス不能。(リカバリーが失敗するとは考えず、外付けHDDには保存していなかった)

    XPにはシステムイメージのバックアップ機能がないため、Macrium Reflect Freeを使用。

OS以外のデータは、外付けHDDに保存してあったので無事ですが、OS(Windows XP)が復旧できません。あきらめて新たにWindowsを購入するか、Linuxを使うかとまで考えました。

手間取ったものの、データ救出ソフトを使って、なんとか復旧できました。

データ救出ソフトで.mrimgファイル(Macrium Reflectで作成したバックアップイメージ)を拾い、外付けHDDにコピー。Macrium Reflectのレスキューディスクでブートし、外付けHDDの.mrimgファイルから復元。

(C:\Windows\I386フォルダーや、リストアパーティション内のデータも救出できました)

XPの場合は、C:\Windows\I386フォルダーを使って、XPのインストールCDを作成することができます。(バンドルソフトは無し)

リカバリー失敗の原因

復旧後に、再セットアップディスクを作成しようとしたら、これまたエラーになって作成不能。

そこで、リストアパーティションのデータを調べたら、WXP_B003.chkファイルが見つかりました。

.chkファイル
回復されたファイルの断片。
チェックディスクを行った際に、破損が見つかり修復を試みられたファイルの残骸。

そのPCの再セットアップには(Norton) GHOSTの機能が使われており、この機種の場合は、WXHP_B001.GHS、WXHP_B002.GHS、WXHP_B003.GHSの3つの.GHSファイル(分割されたバックアップイメージ)があるはずなのに、WXHP_B003.GHSがなくなっていました。

WXP_B003.chkをコピーし、WXP_B003.GHSにリネームして本来あった場所に置き、再セットアップディスクを作成してみました。が、やはりエラーで作成できません。あきらめました。

数年前に1度だけ再セットアップを行って成功したことがあるため、最初からファイルが壊れていたわけではありません。.chkファイルの更新日時からすると、2カ月前にチェックディスクした時に破損が見つかったようです。

PC購入時に再セットアップディスクを作成しておけば、防げた事態でした。

関連記事